攻城戦・攻撃時全体の動き方

 攻撃時にはフィールドに入ると紋章から一番遠い囲われた場所へと転送されます

ここからは開始まで出ることができません。転送されたら、PT組みや作戦等の

指示があると思うので、指示に沿ってPT組みをして、ルートの確認などをしておきます

また、スキル自体は開始前でも使用できるので、時間を見計らいつつ支援やパッシブ等の

準備もしておきましょう。

 開始すると、大抵の場合相手が扉の前で待ち構えています。できるだけ固まって

扉へと進み、扉を攻撃してください。死ぬのは当たり前と思って貰って構いません

できるだけ巻物を積んで、低LvだったりHPが低かったりしてすぐ倒されてしまっても

復活と攻撃を繰り返す事で扉の耐久を確実に減らしていきましょう。

 

 扉を破壊したら、戦略ポイントを攻撃します。ここを破壊すると紋章の残りの耐久値と

回復力を大幅に低下させる事ができます。3つ存在する戦略ポイントをいかに落とすかで

攻撃時の勝利に繋がっていきます。ただし戦略ポイントには、基本的にダメージは1しか

通りません(紋章も同じ)。しかも多段系攻撃・連続系攻撃のほとんどが無効になります

(剣士のパラや戦士のディレイ、マスケのチェックメイトやアチャのビット・マシン等)

そこで有効になるのは主に知識スキルの範囲攻撃、いわゆる雨やドラツイです。これらは

連続の攻撃ではあるものの、全段通る仕様になっています。攻撃時はこうした通る連続技

を利用して効率良く削っていきましょう。個人的にオススメなスキルは、メイドのスキル

ブルームスパイラルです。これは設置型の物理スキルで一定時間攻撃を続けることが可能

です。こちらも連続系ではあるものの全部通るので、これを重ねつつ通常攻撃で殴る事で

結構な速度で削ることができます。また相手へのけん制にもなり、万が一ネクロのスキル

いわゆる烈火を掛けられて行動不能になった場合も、ブルームスパイラルで攻撃し続ける

という事が可能になります。

 

 戦略ポイントを全て落とすことができたら、次は紋章本体を攻撃する事となります。

戦略ポイントは分散して攻撃を行うことで、相手の注意を多方に散漫させる事ができますが

全て落として紋章へ向かうと、相手の全ての戦力からの妨害を受ける事になるかと思います

この場合、烈火や低下系スキルの餌食になりやすくなります。その対策としてメンバー同士

出来るだけ重なり、その状態で攻撃する事でターゲットを極力少なくする事が可能です。

高火力の範囲等であれば物資を惜しみなく使い、ベルセルク等を併用して相手を牽制するの

も有効といえます。霊術師の真空の為だけにとか、烈火の為だけにといった形で低Lvの妨害

を差し向けてくるギルドも少なからずあるので、それらを近づけないようにする事で、低下

の防止や行動不能回数を少なくし、紋章を攻撃する時間を増やすことができます。

 

攻撃時に必要な装備・物資

 攻撃時は基本的に巻物を使用してゾンビのように復活を繰り返して進む戦略が多いです

その為、相手の火力に対する対策より、相手の妨害(低下や行動不可)に対策したほうが

良いかと思われます。悪魔の裏切り(腰以外の装備を一時的に全て使用不可にされる)や

霊術師の各種低下攻撃に対しての対策を主に行っていければ割と楽になります。

 理想は各種抵抗を装備で(理想は全異常抵抗+200%前後程度)確保する事が出来ると

かなり低下系からの行動不可を回避する事ができるので楽になります。ただ、抵抗不可

低下スキル等もありますので、即時にそれを回復する為の万病や聖水が必要となってきます

といっても、全異常抵抗を200%も揃えるのは簡単ではありません。最悪プリンセスのキス

などの長時間行動不可のスキルに掛かってしまった場合は、リログをするなどして、再度

復帰した方が早い事もあります。

 

 物資の持ち込み数目安としては職業によっても異なりますが、万病1列(3~6セット)前後

可能であれば聖水1~2セット、復活の巻物3セット~1列(2~6セット)、青POT心臓

チャージ系の消費アイテムを必要数に応じて。妨害であれば改良チャージポーションを大体

2列(12セット)前後、心臓を数個。火力の場合改良チャージポーションを1列(6セット)

程度に、残り心臓を積めるだけ積む感じがオススメです。物資量としては、人によっても異

なりますし、毎回の相手の規模などにより大幅に前後する場合があるのでご注意下さい

あくまでも目安ですので、自分のスタイルでどの程度使用するかを、実践を通して考えて

みて下さい。