<殴りBISの主な使用スキル解説>

 

ここでは殴りBISが主に使用するスキルを紹介します。「殴りBIS指南」よりも少し深く解説させて頂きます。実際と異なる情報がある場合もありますので、閲覧は自己責任で宜しくお願いします。また、意見・指摘等ありましたら気軽にコメント掲示板にお寄せ下さい。

 

 

攻撃スキル編

「殴打」 

まず一番最初に覚える攻撃スキルが殴打です。このスキルはCPがマイナスの状態でも使用できるうえに、攻撃がHITするとCPを少しですが獲得する事ができます。非常に威力の弱いスキルですが、その打撃音が好きな人も多いようです。通常の狩りで使用する事はほとんど無いと思われますが、参考にて。

 

「ソーンスマッシング」

殴打の次に覚えるのがソーンスマッシングです。殴打よりもダメージが高いうえに、vsアンデットとvs悪魔にはクリティカル率が付与されます。消費CPが低めなので、CPがきつくなった時の緊急用攻撃スキルとして、クイックスロットに入れておく人も居るようです。

 

「エクソシズムエンカウンター」

殴りBISにはマスター必須と言っても過言ではない主要スキルです。このスキルはソーンスマッシングと同じく、vsアンデットとvs悪魔に対してクリティカル率が付与される(増加値はスキルレベル+30%)と同時に、1撃目の攻撃がHITした際に、その1撃目の与えたダメージと同じ値のダメージを追加するという効果があります。

例1)1000の通常ダメージを与えた場合 別枠にて追加で1000のダメージ

 →敵の頭上には1000ダメージが2個表示され、合計2000ダメージ

例2)2000のクリティカルダメージを与えた場合 別枠にて追加で2000のダメージ

 →敵の頭上には赤で2000ダメージと白で2000ダメージが表示され、合計4000のダメージ

この効果は通常ダメージだけでなく、クリティカル・ダブルクリティカルにも適応されます。

簡単に言ってしまうと「2段攻撃」となります。ただ、追加分の2撃目の色が、白色表示なので、クリティカル・ダブルクリティカルの値が出ていても、それは「追加ダメージ」扱いであり赤くならず、少し分かりにくいかもしれません。

 

「ゴッドハンド」

エクソシズムエンカウンターが2段攻撃になる前には、殴りBISの最終攻撃スキルでしたが、現在はエクソシズムエンカウンターが優秀すぎる為に、ほぼ死にスキルとなっています。エクソシズムエンカウンターとは違い、単発攻撃ではありますが。vsアンデットには一定確率で即死効果が発動されます。これは敵のレベルに関係無く発動するので、ある意味最強であるかもしれません。ただし、ボス級モンスターには大概効かないので、やはりエクソシズムエンカウンターを使用して攻撃したほうが討伐速度は速いかもしれません。CP消費が大きいのもネックです。

 

「ターンアンデット」

発動時、自身を中心として一定範囲にアンデットに「逃亡」「混乱」「スタン」「即死」これらの効果を与えます。スキルレベルや相手の抵抗等にも関わってきますが、攻撃スキルとしては、場所によりますが、このスキルのみで狩れる場合があります。命中率や攻撃力が関係してこないので、支援BISの狩りにはこのスキルがよく使用されます。ですが、スキルレベルが一定以上無いと即死効果が発動しません。(敵即死可能Lv=ターンアンデットのスキルレベル+自身のキャラクターレベル-45の数値以下の敵まで)

例)ターンLv50 + キャラ Lv100 -45 =Lv105の敵まで有効

また、殴りBISにとってはとても重宝する効果もこのスキルにはあります。それは

<効果範囲内のモンスターをアンデット属性にする>という効果です。これはあくまでも<アンデット属性>を付加しているだけのもので、実際に敵をアンデットモンスターにしているわけではありません。その為、ターンアンデットやゴッドハンドの即死効果は発動しません。ですが、武器についているvsアンデットの効果や、エクソシズムエンカウンター等のアンデットにクリティカル率を追加するような効果は適応されます。この事をふまえて、殴りBISがアンデット以外のモンスターを攻撃する際、ターンアンデットを使用する事で、効率を飛躍的にアップさせる事ができます。特に悪魔系モンスターに使用した場合・アンデット属性・悪魔系を同時に持つことになるので、クリティカル率が恐ろしい状態になるのは請け合いです。

 

覚醒スキル「ソーンシャタリング」

Lv300から受けることのできる「覚醒」により、ソーンスマッシングを強化したのが「ソーンシャタリング」となります。このスキルはソーンスマッシングの効果に加え、攻撃がHITした際にその周囲の一定範囲内の敵の防御力を下げる事ができます。この防御低下は、防御の高い敵には特に有効です。ターンアンデットと併用する事で、敵によりますが5倍程度のダメージを与える事もできるのです。

 

覚醒スキル「エクソシズムリチュアル」

ソーンシャタリングと同じく、覚醒によりエクソシズムエンカウンターを強化したのが「エクソシズムリチュアル」です。このスキルはエクソシズムエンカウンターの効果に加え、敵に攻撃をした際に、一撃目がHITした場合、一定範囲内の敵に1撃目と同等のダメージを与える事ができます。ただし、通常のエクソと違い、2撃目の範囲攻撃は、完全に別枠として表示される為、1撃目がクリティカルだったとしても、2撃目は通常ダメージであったり、はたまたダブルクリティカルであったり、MISSであったりと、1撃目・2撃目それぞれに効果が適応されます。また、モーションが少しだけ派手になっており、そのせいかは分かりませんが、速度が多少遅くなってしまうという事例があります。人によっては使いづらいスキルかもしれませんが、敵の数が多い狩場では、ターンアンデットで敵を集めながら効果を付加→ソーンシャタリングで敵全体の防御を低下→エクソシズムリチュアルで一気に殲滅・・・という流れで狩りを行えば、それなりの効率が出せます。少し遠回りな気もしますが、何もせずに攻撃するより、はるかに殲滅速度は速くなるはずです。

 

補助スキル編

攻撃スキルと併用して使用する主なスキルを解説します

目的としている部分だけを上げますので、他の効果は解説していない部分があります

 

「リカバリー」

主にこのスキルは、攻撃速度を上昇させる事を目的としています。リカバリーのスキルレベルを2で割り、5を足した数値が攻撃速度の上昇%です。計算が面倒な方は、リカバリーの獲得CPの数値+5%で考えて頂ければ楽だと思います。また、移動速度も上がりますが、ウィザードスキルの「ヘイスト」等と比べると遅めなので、リカバリーについては攻撃速度の上昇が主な目的となります。協会支援を駆使して狩りを行う方には必要無いかもしれません。

 

「ディバインアーチ」

このスキルは、魔法抵抗上昇・全てのスキルレベル上昇を目的として使用します。マスターする事で大幅に魔法抵抗が上昇し、大幅な魔法抵抗ペナルティーがあるエリアを除けば、大体どこの狩場でも全属性抵抗MAX(90%)になるでしょう。魔法攻撃をしてくるモンスターがいる狩場では、かなり楽になると思われます。そして、スキルレベルを上昇させる効果は、全てのスキルレベルが1~4上がります(ディバインアーチのスキルレベルにより数値は変化)

ディバインアーチのスキルレベル上昇数値一覧

Lv1~Lv24 +1

Lv25~Lv49 +2

Lv50~Lv74 +3

Lv75~∞ +4(上限)

これにより、攻撃スキル・回復スキル・さらにはディバインアーチ自身のLvも上昇する為、非常に狩りが楽になり、効率上昇にもつながることでしょう。

 

「フルヒーリング」

殴りBISが狩りで一番使う頻度が高いと思われる回復スキルです。自身を含む指定した1人のHPを回復する事ができます。上昇率が高いので、自分のHPと同等または余裕ができる程度の回復量にまで上げる事ができれば、マスターしなくても良いかと思われます。

 

「ブレッシング」

通称ブレと呼ばれ、自分を含む指定した味方1人の光属性攻撃付加および最大HPを一定時間上昇させてくれるスキルです。スタン等状態異常に対しての抵抗力も上がり非常に役に立ちます。殴りBIS・支援BIS問わず、マスター必須スキルといえます。健康の低い殴りBISは大抵このスキルでHPを補っています。

 

「プロテクティングエビル」

通称エビと呼ばれ、自分を含む指定した味方1人の防御力を上昇させるスキルです。ブレと同等の頻度で使用される、こちらも最終的にはマスター必須のスキルといえるでしょう。ブレと併用する事でHP・防御共に上昇し、安定した狩りを楽しむ事ができるでしょう。

 

「祈り」

BISのチャージスキルで一番最初に覚えるスキルです。少量ですがCPをチャージできます。殴っている最中にMISSを連発してしまったり、スキルキャンセルでCPがマイナスになってしまった場合等に緊急的に使用することとなるでしょう。青POTを併用して使用している方には必要の無いスキルかもしれません。

 

「賛美」

BISのチャージスキルの最上級スキルです。発動時にCPの消費があるものの、発動後のCP獲得数値がとても大きい為非常に重宝するスキルです。マスターする頃にはキャスティング速度もそれなりに速くなっている為、殴りながらCPがキツくなった時チャージする事も可能になります。

 

「シールドフラッシュ」

このスキルは覚醒後に使用する事をお勧めします。覚醒時に自動で習得するスキルで、神聖盾術というものがあり、そのスキルは<自身の防御力より低い攻撃を受けた場合、ブロックモーションを発動せずにブロックする事ができる>というものです。ブロック率の高い盾・スキルを使用している場合、覚醒していない状態であると、高ブロックにより自身の攻撃がキャンセルされたり、移動が一瞬止められたりと、辛い状態に陥ります。ですが神聖盾術を習得する事で、ブロックモーションが発動しなくなり、ブロックによる行動キャンセルが起きなくなります。そこでシールドフラッシュをONにする事で、今までネックだったブロック率を逆に上げる事で被弾を少なくするうえに、光ダメージ・感電効果を付加するという効率的な状態へとする事が出来ます。このスキルは覚醒済みでさらに協会支援を併用している方が特に使いやすいと思われます。

 

覚醒パッシブスキル「神聖盾術」

これは覚醒時に自動的に習得しているスキルです。<自身の防御力より低い攻撃を受けた場合、ブロックモーションを発動せずにブロックする事が出来る>というもの。上記のシールドフラッシュにも多少説明を書きましたが、さらに用途を上げるとすれば、攻撃をブロックできてしまう魔法攻撃のモンスター(ブレイザーのファイヤーボルト等)にも有効で、相手は魔法攻撃である為、必然的に自身の防御力より弱い攻撃となります。(物理攻撃でない為)今まではこの攻撃をいちいちブロックしてしまい、行動制限がかかり、辛い思いをした方もおられると思いますが、このスキルはその面も克服できてしまう思ったよりも使いやすいスキルといえるでしょう。